店長日記

人参の種蒔き

昨日は、約3万粒の人参の種を蒔きました。
そして、冬春の人参がもう少し残っておりますので、どんな大きさか確認しましたら、大きさはまぁまぁですが、色が濃くなり風味が増してます。

春になり、昼間の気温が上がっていますので、人参や夏野菜の苗もすくすく育っています。

Umekiki Marcheに出店! 人参ピューレ販売開始!!!


3/21、22の12〜19時に大阪駅グランフロントのうめきた広場で開催されますUmekiki marcheに出店いたします!

大きなイベントへの出店は初めてで不安もありますが、人参をたくさん出しますよ!!

そして、昨年より開発しておりました人参100%のピューレが完成し、このマルシェが初のお披露目です!!!
このピューレはなんと、450種類の厳しい残留農薬試験を見事農薬がまったく検出されなかった人参のみで、無加水、無添加で加工しました。

安心できるピューレと人参を召し上がってください。

ピューレ用&マルシェ用の人参 順調!


本日、ピューレ用と3月21、22日Umekikiマルシェの人参を試しに掘ってみました!
今回の土はいい感じなので、見た目からきめ細かさがわかります。
今週から昼間は陽気な天気になるので、ぐんぐん大きくなると思います。

3月末から4月にはピューレを販売できると思います。

人参の種まき

本日人参の種を1万粒以上まきました!

予定では、6月ごろの収穫となります。今回の土は、いい感じに微生物が作ってくれているので、風味の良い人参ができそうです。

京都の香る人参 収穫、栽培

気温が少し暖かくなっているタイミングに、人参が大きくなり、予約でお待ち頂いてるお客様用を収穫しました!


少し固い土でしたが、人参は頑張って大きく生長し、とても良い風味を出してます。

来月3月21、22日のUmekikiマルシェに向けて人参が大きくなってくれることを願ってます。

商品カテゴリ

こだわり野菜

加工品(オリジナル)

人気オリジナルグッズ

厳選キッチン用品

店長日記

店長兼栽培担当の並河です。

実は生の人参が苦手でした。幼少期にとても臭いがキツイ人参を生で食べられず最後まで居残りをした記憶とその時の人参の匂いが何十年たっても鮮明に残ってます。
農業をはじめ、人参栽培をするようになったのも、子供の時の苦い記憶を改善するためです。
わたしだけでなく多くの方が、小さい頃に食べた野菜が大人になっても食べられないという経験があると思います。

子供たちにとって、安全だけでなく、本当の野菜の風味を記憶に残して欲しいと「記憶に残る野菜」をつくることに決め、人参を中心に野菜栽培に励んでおります。

グランジャルラル農園は、人や動物に安全で同時に自然を守る農法で野菜を栽培しております。

私たちは土壌を守り豊かにする”微生物”の住みやすい環境を作るために、無農薬・無化学肥料・無動物性堆肥と天然の素材を1ヶ月以上発酵させる自家作成にこだわり、その微生物を畑に混ぜるといった農法をしております。
自然は、”微生物”が作り出し野菜を育てる土も微生物が作ってます。つまり、”土作り”がすべてとし、微生物に必要な肥料は天然素材を使って一から作成しております。

微生物が作り出したお香のような香りの土、その土からできた野菜をお届けします。
お子様をはじめ多くの方が採りたての野菜を思わずカリっと自然に食べてしまうほど自然の風味となっております。
お子様の味覚はすぐに戻らないこともありますが、今から自然が作り出した野菜を与えることが大切と考えます。

最近お客様から「便通がよくなった!」と言った意外な感想を聞く機会が増えております。 当農園の人参は腸内細菌に必要な微生物が付着していることと、きめ細かな繊維が腸をお掃除してくれるからだと思います(笑)

まだまだ農業家として至らない点もあり、今後も農法だけでなく、人として自助努力していきますので、長い目でお付き合いいただけたらと思います。
店長日記はこちら >>

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • イベント対応

野菜に重要な土づくりに時間を要しますので、土づくりのタイミングによっては対応が遅れる場合がございます。

ページトップへ